別れたくない人が復縁して結婚するための8つの方法

別れたくない人が復縁して結婚するための7つの方法

別れたけれど忘れられない相手がいる方へ

一度別れたけれどもどうしても忘れられない人と、復縁はもちろん結婚までたどり着ければこんなに幸せなことはないと思いませんか?

今回はそんな別れたくない人が復縁して結婚するための9つの方法をご紹介します。



 

別れたくない人が復縁して結婚するための8つの方法

 

1.復縁結婚のメリット


一度別れた人と復縁するという事に抵抗がある人も少なくないでしょう。一度別れたということはそれなりに理由があったうえでの決断だったのだと思います。それでも忘れられないという思いがあるとすれば、一度別れることによって、相手の大切さや本当に必要な人だったと気づくためだったのかもしれません。

そんな思いをお互いが感じることで、復縁から結婚へと繋げることが出来ているのです。

一度、別れたけれど忘れられない、別れなくないと感じているなら、改めて相手が自分にとって本当に大切で必要な人だという事に気づいてください。そしてその思いを相手に伝えてみましょう。一度別れたから、もう終わってしまったというわけではありません。そこから何かに気づき、思いを伝えることで復縁は可能です。

 

2.復縁までの期間の過ごし方


一度別れた相手と復縁するまでの期間の長さは人によって違いはあります。その復縁までの期間にどのように過ごすかがとても大切です。復縁までには早い人で数か月、長い人では5~6年という人も。そんな中で共通しているのは、「一度連絡を絶つ」ということ。まったく連絡を取っていなかったけれど、ふとしたタイミングで復縁することが出来たというパターンが多いのです。

お互い時間という冷却期間を置くことで、次に連絡を取るようになった時、お互いが冷静に話すことが出来ますし、復縁に繋げる可能性がたかまります。

その逆で忘れられないという思いに耐えられず、連絡を頻繁にとってしまうと、相手も別れた理由となった問題が消化しきれておらず、関係がさらに悪化してしまい復縁自体が不可能になってしまうのです。

クールダウンは必要な時間として、必ず取るようにしましょう。

 

3.「自分磨き」とは「行動すること」


よく、「恋人と別れて寂しい時間は自分磨きをしましょう」なんていわれることがあります。確かに生き生きしている自分を見せられれば相手もまた惚れ直してくれるかもしれませんし、いつまでも引きずってボロボロになったあなたを見て、相手も復縁を考えるなんてことはないでしょう。

けれども「自分磨き」ってとても曖昧な言葉で何をしていいか分からないですよね。どうすればよいのでしょう。

人は動いていないより動いている方が様々な情報が入ってきます。

友達に気持ちを打ち明けることで、第三者から見たあなたの行動の悪さとかがわかることもありますし、仕事に打ち込むことで引きずった気持ちを違う自信で立て直すこともあるでしょう。それらの経験があなたの心を磨いていきます。

難しく考えなくても良いのです。「動く」ことをまず意識することが「自分磨き」に繋がっていきます。

 

4.潜在意識を活用して復縁へ


潜在意識とは、簡単にいうと「無意識」の部分です。潜在意識は無意識ではありますが、じつは私たちに何気ない思いや行動に繋がっていて、その潜在意識は相手にも伝わっていることもあるのです。

例えば、別れた相手と復縁したいと思う本当の理由が、「自分が寂しいから」とか「振られた事、私と別れたことが許せない」などといった、自己中心的な思いがあるとき、その思いに本人は気づいていなくても、相手に伝わっていることがあります。

潜在意識で大切なのは、「相手を変えよう」と思うのではなく、「自分がどう捉えるか」という事です。本当に相手のことが大切で必要、だから復縁したいという思いがあるなら、心の中で、「相手の幸せ」を感じてみてください。その時、あなたが相手といること、相手にどんな事をしてあげられるか、どのように接しているかを想像してみてください。

そうすると、あなた自身の相手への対応がこれまでと違っていることに気づくはずです。あなたが、相手と幸せになりたいという気持ちが、潜在意識を活用することで相手にも伝わり復縁から結婚へと繋げることが出来るでしょう。



 

5.結婚への可能性を上げるために必要な事


一度別れてから、復縁出来るカップルはそれほど多くはありません。それでも、復縁したい、復縁して結婚したいという気持ちが強いのであれば、相手と別れることになった本当の理由を知る事が大切です。

多くの方の復縁がうまくいかないのは、お互いの別れた理由が曖昧なまま復縁してしまうため、同じことを繰り返してしまうからです。

別れの原因も、元々はちょっとしたボタンの掛け違いにすぎなかったのかもしれません。そのボタンの元をたどって掛け直していくことが出来れば、お互いが別れを選択する必要が無い道へとたどり着くはずです。

あの時、あなたが相手にどんな風に接していたか、どんな言葉を掛けていたか、一度、考えて整理することで、復縁から結婚へと繋げることが出来ます。

 

6.お掃除は復縁につながるおまじない


風水や占いでも良く取り上げられているお掃除。お掃除は、復縁や結婚にも効果的な同じないです。その理由にお掃除は部屋の中だけでなく、心の中もきれいにする効果があるからです。恋人と別れた時や別れた相手との復縁を考えているときは、どうしてもマイナスなことを考えたり、別れた人の事ばかりを考えて自分の事を放ってしまいがちになってしまいます。

そんな時は、思い切って部屋の大掃除をしてみましょう。

大掃除をするには物を処分しなければなりません。物を処分するという行動は、改めて自分が大切にしたいもの、不必要なものを見つめ直すことが出来ます。部屋がスッキリすると、不思議ですが心も余計なものがなくなってスッキリします。

そのときもし部屋の中に壊れているのもがあれば、処分するようにしましょう。「壊れたもの」にこだわりを持ったままでは新たな自分になれません。復縁して結婚に繋げたいと思ったら、大掃除をして、新しい物を部屋に取り入れてみましょう。そうすることでまた新たな気持ちで、相手と向き合うことが出来るようになります。

 

7.復縁を結婚に繋げる連絡の仕方


復縁したいと思っていても、相手と直接会うことは難しい事でしょう。もちろんお互いに連絡を絶つ期間も大切ですが、あなたが相手のことを本当に自分にとって大切で必要な人だと思ったら、メールやSNSでその思いを伝えましょう。

メールやSNSなどの文章であれば、相手も自分の気持ちに余裕がある時に対応が出来ますし、迷惑なら読まないことも返事をしないことも出来ます。相手にその選択肢を与えることは、非常に重要です。

まずは、あなたの本当の気持ちを知ってもらう為、別れたことを後悔しているという思いを伝えてください。

相手の返事を期待してはNGです。「返事まだ?」と送ってしまったり、読んでほしいという気持ちで何度もメールを送ってしまうのは逆効果になってしまいます。

もし相手が何かしらアクションをしてくれたなら、あとは気持ちを押しすぎないよう日常会話をしてください。定期的にメールを送ることで、相手もだんだん意識してくるはずです。

無言でブロックされるとか、迷惑だと伝える返信がなく、普通に読んでくれているようなら、相手も何かを感じていてくれているのかもしれません。きっとお互いが、会いたいと思った時、その時が復縁となり、結婚へと繋がっていくでしょう。

 

8.結婚した二人の未来を想像する


これまで、復縁を結婚に繋げる方法をご紹介しましたが、一番大切なことは、相手と復縁し結婚することで、本当に幸せになれるのかということです。別れた相手との復縁や結婚はその時の不安や寂しさをただ紛らわすためだとしたら、せっかく復縁し結婚に繋げることが出来ても、どこかでまた溝が出来てしまいうかもしれません。あなたが相手と復縁し結婚することについて、少しだけ想像してみてください。その時お互いが幸せに生活しているところを想像することが出来れば、きっと、その思いは叶うでしょう。一度別れた相手と復縁したいという気持ちは、本当に相手のことが必要だと大切なことに気づいたということ。お互いがその思いを持つことが出来れば、あなたの未来は、相手と復縁し幸せな結婚へと繋がっていきます。

あとがき


いかがでしたか?

復縁したいと思う事は、相手の素晴らしさに改めて気づいたということ。その思いを大切にしながら今回ご紹介した方法を参考に、幸せな結婚へと繋げていってください。

今回は「別れたくない人が復縁して結婚するための8つの方法」をお届けいたしました。最後までお読みいただきありがとうございました。